ストーカー調査

ストーカーって最近良く聞く言葉ですよね。昔にもいたのかもしれませんが、近年になって増加したのでしょう。その結果ストーカー規制法も出来ました。
ストーカーによる被害は、つきまとわれたり、無言電話がかかってきたり、郵便物が盗まれたりと被害の種類様々です。ストーカー行為をしいているのが元恋人や、会社の同僚などの個人が特定されている場合だけでなく、まったくの他人から被害を受ける事もあるそうです。
このような場合警察に相談すると夜間の見回りの強化等は行ってくれますが、犯人の割り出しなどはなかなかおこなってもらえません。

しかし毎晩の無言電話や汚物の郵送など、被害者には耐えられないようなストーカー行為は早急に対処する必要があります。
ストーカー被害の解決方法は被害者が加害者に対してストーカー行為をしないように直接言う場合と、第三者に間に入ってもらう場合や、警察に介入してもらい犯罪者として逮捕してもらう解決方法がありますが、いずれの方法もまずはストーカー被害の証拠を収集し、ストーカー被害を立証する必要があります。
興信所に依頼すると、保管判断に困る証拠等の対処や、状況証拠や聞き込み等から犯罪者の特定を行ってくれます。
最近はストーカー対策グッズ等も売られていますが、個人で犯人を特定する行為は大変危険で、最近はストーカーによる殺人事件なども発生し生命に危険が及ぶ場合もあります。
特に女性は男性よりも力が弱く大変危険なので、なるべく専門家に依頼しましょう。
依頼の際も早期解決の為に、証拠は破棄せずとっておいて専門家に提出しましょう。